女性の精力?

女性の精力といのは、あまり聞きなれないが、妊娠とかには必要なことなのかもしれない。

特に冷え性は大敵と言われている。

そこで、知り合いでよく使っているというのが漢方。
「当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)」は、寒さで血流が悪くなるために起こる手足の冷えや痺れ、頭痛、生理痛、腰痛によく処方される漢方の薬。
冷えによって症状が悪化したり、痛みが生じる場合にもお奨めのようだ。
冷えのぼせが気になる方は「駆?血剤(くおけつざい)」としての「桂枝茯苓丸(けいひぶくりょうがん)」もお奨。
頭痛、肩こり、めまい、のぼせなどを伴った月経不順、更年期障害等の婦人科疾患や皮膚疾患、循環器疾患、ストレス性疾患などに広く応用できるという。

また、冷え症だが、服装の露出により手脚が冷えてしまういわゆる「末端冷え性」と、子宮や卵巣など婦人科系特有の内臓に冷えを感じてしまう「内臓系冷え性」がある。

どちらにしても、これは女性の精力を減退させてしまうものかもしれない。
そのためにも、冷え症対策は、必要なものなのかもしれない。

食べ物でアップ精力を今一度みてみる